野口電設株式会社は製造工場・倉庫の電気設備工事、老朽化対策のご提案を行っております。

  • 野口電設株式会社
  • tel 046-261-0896
  • お問い合わせはこちら

工場・倉庫様

建物の電気設備を今一度見直すことで、
大幅な省エネ・省コストを実現!

建物の電気設備を今一度見直すことで、大幅な省エネ・省コストを実現!

工場や倉庫などの大きな建物では、日々たくさんの電力を消費します。
しかし、その消費量が大きければ大きいほど、小さなロスに気づかないことも少なくありません。
このようなエネルギーの無駄を省き、コストのスリム化を図るためにも、普段「あたりまえ」に使用している電気の流れを今一度見直してみませんか?
適切な改修や管理、照明・空調機器の交換等を行うことで、大幅な省エネ・省コストを実現することができます。

変電設備の改修

変電設備の改修

変電設備(キュービクル)は、建物の心臓部といっても過言ではないほど、重要な役割を担っています。
しかし、普段なかなか目が行き届かない部分でもあるため、耐用年数を過ぎても使い続けていることが少なくありません。
老朽化してきた変電設備をそのまま稼働させていると、事故や停電等につながるおそれがあります。
また、「まだ新しいから大丈夫」という場合でも、機械設備の増設や大型化への移行に合わせて、容量の見直し等が必要になることもございます。
老朽化した変電設備の改修はもちろん、負荷容量の変更にともなう変電設備の新規設置・増設につきましても、すべて当社にお任せください。
「安全・安心」を第一に、確実かつ丁寧に作業を行います。

電力管理

電力管理

高圧で電気の供給を受けている工場や倉庫では、使用電力の平均値ではなく、最大値(デマンド値)をもとに基本料金が決められます。
最大需要電力が契約電力を超えた場合、契約料金のアップまたは契約超過金を支払う場合もあります。
つまり、高圧受電の工場や倉庫などでは、「日々の電力管理」が非常に大切になってくるといえるでしょう。
当社では、電力の使用状況を一目で確認できる「デマンドコントロール装置」の導入をおすすめしております。
この装置の導入により、必要最低限の契約電力を把握できるようになるため、契約電力超過を防止し、電力の有効活用が可能となります。
30分間ごとの消費電力量をリアルタイムで表示するほか、現在の数値をもとに、以後30分間の消費電力量を予測。
予測値がデマンド値を超える場合は、警告を発し、対応機器を制御することもできます。
これにより、電力の過剰消費を未然に防ぎ、年間の電気代削減に大きく貢献することができます。

工場・倉庫の照明設備の見直し

工場・倉庫の照明設備の見直し

当社がおすすめする照明はLEDだけではありません。
貴社に合い、コストも考慮した照明システムをご提案いたします。
例えば高天井の水銀灯などのLED化は、依然高い初期投資金額となりますが、セラミックメタルハライドランプへの交換なら器具本体、安定器はそのままご利用いただけるため、低コストで省エネを図ることが可能です。

空調の見直し

空調の見直し

電気設備に合わせて、空調設備の見直しもお任せください。
工場・倉庫全体の省エネを考えた場合、効果が大きいのが空調です。
10年以上前の機種に比べ最新機種は、消費電力が大幅に削減されています。
またデマンドコントロール装置と組み合わせることにより、自動で電力管理を行うことができます。